読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業禁止会社員のライター勉強記

 セールスライターになる!と決意しそうなわたしの日記。

初めてほぼ日手帳を購入してガッカリ…

仕事術 広告・マーケティング

f:id:hira032:20170107213454j:image

先日、2017年用の手帳を買いました。

 

ここ3年ほどは本屋さんに置いてあるものを適当に買ってました。

買ったはいいけども、途中で使わなくなったり、復活したりの連続でした。

 

そこで、「真面目に使うため」の手帳を買おうとインターネット検索。

 

ほぼ日手帳

なんか聞いたことあるな、

と思いながら見ていたら、英語の手帳「英語版のHobonichi Planner - 全ページ解説 - ほぼ日手帳 2017」が!

これだ、と思い購入。

購入してからサイトを見ていたら、糸井重里さんの会社でした。

デザインや使い勝手が良いらしく、楽しみにしてます。

糸井重里さんは、スタジオジブリのコピーを作られた、コピーライターとして有名な方です。

 私が好きな映画である、『耳をすませば』の「好きな人ができました」もこの方が作られたのだと思うと感慨深いです。

手帳本体と三色ボールペン、食パンのちいさなお皿のセットはイメージできました。

 

すごく興味があるのは、2点です。

どのようなセールスレターが入ってくるのか?

箱も含めたデザインはどうなのか?

 

ヤマト運輸の方により、受け取りました!

残念です…

めっちゃ普通の箱…

中身は手帳とボールペン、ちいさなお皿に合わせて、入っていたものは、

社名変更のお知らせと「ドコノコ」という冊子?

 

サイトで購入した際の、アップセルもあったかな?

箱の中に、自分への売り込みを期待してました

有名なコピーライターの方の会社が、どんな言葉で売り込みをかけてくれるのか、物凄い興味がありました。

 

ダイレクト出版からコンテンツを購入しているため、普通のDMが来るとガッカリしてしまいます…笑

 

お得意様に対して何もやってないのかな?

何もせずにも、ネームバリューや使い勝手でファンになってくれるので、そのままでいいんでしょうかね。

手帳カバーのように付属品も多数製作されており、個数限定のためお客さんが群がって来る。

 

 

 

さて、手帳を開いて使い勝手を試してみようかな。

 

PS  自分もカバーが素敵なものがあったので購入したい。が可愛くて女性向けなのかな…