読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業禁止会社員のライター勉強記

 セールスライターになる!と決意しそうなわたしの日記。

自動的に買ってくれる人が現れる方法

広告・マーケティング

伝統工芸品というものを買ったことがありますか?

私はありません。

 

以前、仕事関係で来られた方がもっていた名刺入れ。

「伝統工芸品」と言われるものでした。

 

伝統工芸品とは?

調べてみました。

国の「伝統的工芸品」に指定されている。

約1年を要する、全行程を手作業で行っている。

 

…などなど、特長やそれの経緯のようなものがズラズラと。

それを見て買いたいと思うんですかね?

 

自分はそういった工程や物の歴史なんかを見るのが楽しいと思う人です。

時々、インターネットでボーッと見てたりします。

 

しかし、それを見て買いたいとは思えないです…

なぜなら、

こういうものなのか〜

と満足してしまいます。

工程や長い歴史などを見ると、お腹いっぱい。

自分がどのように使うのかを想像するとこまでいかない…

 

と、こんな風になるような伝統工芸品が多いのだとおもいます。

 

また、

伝統工芸品ということを意識しすぎて、新たのものに向かえないのか…?

足枷になっていたりしないのか…?

実際のものを調べていないのでわからないですが…

 

誰に売ろうとしているのか?

どんな商品なら買ってくれるのか?

古い物だから、って言い訳にもならないとおもいます。

なぜなら、

ホントに良いもので買ってくれる人がいたから、今まで続いているのだとおもいます。

素晴らしい商品たちを、

もっと、世に広めてあげたい!!

やはり、セールスコピーの出番なんでしょう!

 

こんなんを作っている方々に言ったら、何されるかわからんな…