読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業禁止会社員のライター勉強記

 セールスライターになる!と決意しそうなわたしの日記。

仕事?趣味?どうしたら仕事にできるのか

君の名は。」を見てみたくてウズウズしてます!

 

 

そんな時、ヤフーニュースでヘッドラインに食いついてしまいました。

江川達也氏 「君の名は。」に持論「プロから見ると全然面白くない」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

江川達也さんがテレビで言われていたようです。

君の名は。」は、プロから見ると全然面白くない

 

この方が漫画家であるということは知っていますが、作品をみたこともないです。

この記事を見た時、「ただ注目されたくて言い放った言葉」だと思ってました。

しかし、「プロ」という言葉に違和感をもちました。

・プロフェッショナル(ウィキペディアより)

プロフェッショナル - Wikipedia

エキスパートやスペシャリストが類語としてあがっています。職業として行う人。

・アマチュア

プロフェッショナルの対義語としてあります。素人。

 

そもそも「君の名は。」という作品は誰のために作られたのか?

作家性がないとプロじゃないの?

プロとは自分本位の作品を作る人なのか?

 

誰のために作られたものなのか?

「プロ」と言われる方は、それを職業としている方です。

逆に「アマチュア」と言われる方は、自分の好きなものを勝手に作っちゃえば誰でもなれます。

プロ野球なら、直前に雨天中止になった場合、球場にきてくれた方々を楽しませるために、グチャグチャなグラウンドの上でヘッドスライディングをして笑わせてくれたり、サイン会をしたりするでしょう。

逆に高校野球や社会人野球なら、体調を崩さないようにすぐに帰っても何も問題ないでしょう。(社会人野球はスポンサー様への配慮は必要でしょう)

プロは自分たちが勝利すればそれで十分ではないでしょう・・・

楽しくなかったら見に来てくれない、収入が得られない、状態に陥るでしょう。

 

プロ野球では、

カープ女子やオリ姫といった女性へのアピールが増えています。

ただ野球して、勝って、ビールを片手に観戦するおじさんたちのために営業をしていたものが変わってきています。

 

先の記事にもありますが、「作り手」の立場からの意見として話していれば、特に話題にもならない、好き嫌いの話だったのだと思います。

 それを「プロ」とか受けちゃったから、炎上という言葉で表わされたのでしょう。

 

自分のブログやウェブサイトのアクセスがめっちゃ増えるために、炎上させるような方法をとる方もいるようです。

それも一時的なものになると考えられます。

アクセスしてくれる人との関係性を保つための策が無ければ継続してアクセスしてくれない。

そもそも、毎回炎上させるようなモノを発信しても、ただのアホや、ってなりそう…

 

職業として作品を作るのならば、どんなに面白くない、との批判が出ようとも売れていれば職業として成り立つんだろう・・・

 

PS 今、一番見たい映画はマット・デイモン出演のボーンシリーズ最新作です。w