読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業禁止会社員のライター勉強記

 セールスライターになる!と決意しそうなわたしの日記。

人に伝えるのと説教を説くのではブログとして大違いですよね

説教と情報の境界線

 

強く諭すような語や道徳を説くような語を使わないようにする。

読む人を見下していると受け取られてしまう。

 

・〜を忘れてはいけない

・決して〜してはいけない

・〜は避けなければならない

・〜してはいけない

・〜するのを忘れないように

・〜することをつねに忘れずにいなければならない

 

最後のはタイプするのさえ、ためらってしまいますね。

相手にとっての境界線を意識しないと、相手に見限られてしまう。

 

ブログを漁っていると、

道徳を説くものが時々あります。

時々、イラッとしたりしまいますよね。

書かれている方は、そんな気はしないんでしょうね。

正論を振りかざす

ことが、けっこう苦しいですよね。

実際、こうあるべきだ。

といったことは、仕事でも日常でもありますよね。

そんなこと聞いても、しらん。。

常套句を使いながら言われるイメージですよね。

常套句を使うより、エピソードやイメージで詳細に伝えられれば、気持ちよく読めるのかもしれませんね。

 

自分でも、注意しないと、

和尚さまが説法を説くような勢いで、諭すようなもの言いでブログを書くことが出てきそうなので、注意します。

(まだそうなっていないですよね・・・?)