読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業禁止会社員のライター勉強記

 セールスライターになる!と決意しそうなわたしの日記。

ストーリーの作り方に苦労している人のために

ブログでもセールスレターでもストーリーを入れると、身近に想像できるので、見込んでいる相手に伝わりやすくなる。

とのことがインターネットや本でも書かれています。

しかし、私はこの言葉が嫌いです。

 

仕事上、「ストーリー」と使う人がいるので、ムカッとします。

 

一番よく使われていた人は優秀な方で、カタカナ言葉が好きな方でした。

それを、真似してクソ言葉に変えている奴がでてきました。

 

この2点に凝縮していると思います。

・ホントにできる人は、本などの情報を自分で咀嚼して取り入れる

・使えない人は、格好だけ真似して、カタカナ使えばイケてると思っちゃう

日本語や英語の資料を見るからカタカナになるんでしょう。

 

ブログやレターでは、エピソードといったほうが、書き手にとっても気分が楽になるのではないでしょうか?

・自分のストーリー

・自分のエピソード

どちらがしっくり来ますか?

 

なぜ「自分の」としたのかわかりますか?

めちゃくちゃ売れて、多くのサイトで紹介されているセールスレターの多くは、

上手い比喩や背景描写で書かれています。

 

そんなん、いきなり出来るわけない!

しかし、

自分のことを思い出してみたらどうですか?

「自分のストーリー」というと、生まれてきてから今までの一連の流れを思い浮かべてしまいます。

エピソードのほうが、ある一部分を切り取った物語に思えます。

 

自分は、

「エピソード」としたほうが、簡単に思い出して書けそうなので、そのように意識しながら、書こうとおもっています。