読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業禁止会社員のライター勉強記

 セールスライターになる!と決意しそうなわたしの日記。

「ひと」が大事

だれをターゲットにするのか?

むずかしいですよね・・・

初めて、セールスライティングなるものを見たとき、

めっちゃ多くの人に売れるんじゃない?

と思いました。

 

しかし、学ぶにつれて、それは間違いだと思いました。

学べば学ぶほどに、

売りたい(買ってくれそうな)人を決めて、ライティングする。

これの重大さに気付かされました。

友達、先輩、知人などで見込み客に当てはまりそうな人に決め打って、しまうことでその人が何を考えているのかもわかります。

ズレているんじゃない?

自分もそう思いました。

そうではないようです。

 

インターネットや本などの多くのメディアでは

ペルソナ

と言われる、仮想の人物を仕立て上げて、セールスレターを書く。

とのテクニックが書かれています。

私も、ある商品のセールスレターを試しに書いてみたことがあります。

 

・・・ペルソナの情報を忘れてしまう。

リサーチで深く調べようとのめり込み、ストーリーボード作って、スワイプファイルをパクって、書いてみると・・・

ズレてる・・・

しかも、ぐちゃぐちゃ・・・むずかしい・・・

 

ペルソナを設定して、作業を進めることは正しいことだと思います。

しかし、

だれもいない部屋で、壁に向かって書いているようで、難しいことに思います。

 

それなら、

あいつに売り込もう!

と考えました。

誰かに決めてしまって、書いてみようとしたところ・・・

リサーチのときから、その人のことを考えながら進められます。

ペルソナで設定するよりも多くの情報が入っているので、作業がしやすいです。

 

ペルソナ設定が甘いだけなのかもしれませんが・・・w