読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業禁止会社員のライター勉強記

 セールスライターになる!と決意しそうなわたしの日記。

服装は各国を象徴している!

スポーツ

リオオリンピック開幕しました!

開会式は、ニュースでみました。

 

開会式での各国の服装もいつも注目されていますよね。

フランスなら、ラコステ

(テニスの全仏オープンで審判のユニホームも)

アメリカは、ポロ ラルフ ローレン

(言わずと知れた、ブランド!テニス全米オープン。)

スウェーデンが、H&M

(2014年ソチ五輪に引き続き)

イタリアはジョルジオ・アルマーニ

(ただただ、かっこいい!)

 

そして、

日本。

www.fashionsnap.com

高島屋

地味に見えるけど、こんなもんでしょー(よくわかりません・・・)

 

えっ、同じじゃん・・・

ロンドンオリンピックと見た目同じに見えるのは私だけでしょうか・・・

ibought.jp

上記の記事の下の方に紹介してありました。

これが日本なんでしょうね。

 

開会式つながりで、

行進の先頭をJOC役員が歩いていた。

との批判記事を見かけました。

 

東京五輪の何かを決定する際に、

アスリートファースト

といわれています。

 

選手第一と言われながら、そうなっていないじゃないか?

とのことだと思われます。

 

開会式の行進でも、

バラけた雰囲気で入ってくる各国に対して、

一糸乱れぬ行進をやらかしかねないです。

 

甲子園の行進を見てください。

視聴者のご満足のためにおこなっていることです。

 

それは、入場ユニフォームにも現れているのでしょう。

オーストラリアのブレザーに短パン

に対して、

日本のビシッとしたスーツ。

そのイメージが全てだと思います。

 

PS けっして、それが悪いとは思いません。「日本」というイメージがそうなる、と思っただけです。