読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業禁止会社員のライター勉強記

 セールスライターになる!と決意しそうなわたしの日記。

「好奇心の隙間理論」を知らない人は危険だと思いませんか?

コピーライティングを勉強し始めて、インターネット検索やアマゾンでの本の検索をしていると、多くの種類のものがでています。

数個の本やホームページを見ています。

見れば見るほど、どんどん知識を入れたい、との欲求が出てきました。

このままなら学びしかせずに、アウトプットをしなくなっちゃうと危機感が出始めます。

 

勉強をしている方なら、好奇心の隙間理論って知っていますよね!

 

学べば学ぶほどに隙間が生じるということのようです。

 

例えば、四角いかごにバスケットボールを数個入れたとします。(学校の体育館にありましたよね!)

その程度なら、隙間だらけなのでそれを埋めたいとの欲求は少ないと思います。

それが、かごの中にいっぱいのボールを入れてみると、転がっているボールが数個あったらあと少しで満タンにできる!との思いからツッコんでやろうと思いますよね。

そう、それです。

 

勉強しないで満足している人よりも、真面目に勉強に取り組む人にこそ起きる現象です。

勉強しない人は、詰め込まないので、埋めたいとは考えないでしょう。

勉強する人こそ、勉強するにつれて何が足りないのかが見えてきてしますでしょう。

まさに私はその状態のようです。

(と、勉強しているつもりの私が言ってみます・・・)

大量にインプットすることは、ものすごく大事なことなのは間違いないのでしょう。

しかし、インプットだけでは仕事はできません。

アウトプットしましょう。