読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業禁止会社員のライター勉強記

 セールスライターになる!と決意しそうなわたしの日記。

地方移住に思う・・・

今は地方移住ブームなんですかね!

もう終わったのか??

数年前から地方でのんびりした雰囲気で生活したら人間としてゆったりした時間を過ごせる。

というような宣伝文句で、流行っています。

続きを読む

なぜ安定の会社員を辞めてセールスライターになろうと決意したのか?

f:id:hira032:20170311180212j:plain

あれから1年。

インターネットを見ていて、

ふと再生して見たビデオ。

魔法のペン?

ペンから魔法出てくるん?

どんなオカルトなん?

とかツッコミを入れながら見てました。

 

続きを読む

日本のボールペンメーカーも感情動かせてもらいたい

f:id:hira032:20170218203141j:image

モンブランってなんだろう?

食いもんかな?うまいのかな?

 

 先日インターネットを見ていたら、書きやすいボールペンは何か?

という記事があったので見てみました。

 

続きを読む

強みをみつけるとテンションが…

仕事術

最近、自分の「強み」について考えました。

そんなもんないよな…

と現実におちこんでたら…

仕事相手から思いがけない一言が!

 

今の時代、君たちみたいに手でもパソコンでもどちらでも計算できる人たちがいないんだよ!

 

続きを読む

セールスライターになってからの行いが人生を決めるのかな!

セールス 広告・マーケティング

セールスライターって食えるの?

 

これは1年間私が疑問に思っていたことです。

セミナーに行って見て、解決しました。

結果は・・・

 

セールスライターは食える!

http://directlink.jp/tracking/af/1413540/Mc9zdt1h/

 

続きを読む

初めてほぼ日手帳を購入してガッカリ…

仕事術 広告・マーケティング

f:id:hira032:20170107213454j:image

先日、2017年用の手帳を買いました。

 

ここ3年ほどは本屋さんに置いてあるものを適当に買ってました。

買ったはいいけども、途中で使わなくなったり、復活したりの連続でした。

 

そこで、「真面目に使うため」の手帳を買おうとインターネット検索。

 

ほぼ日手帳

なんか聞いたことあるな、

と思いながら見ていたら、英語の手帳「英語版のHobonichi Planner - 全ページ解説 - ほぼ日手帳 2017」が!

これだ、と思い購入。

購入してからサイトを見ていたら、糸井重里さんの会社でした。

デザインや使い勝手が良いらしく、楽しみにしてます。

糸井重里さんは、スタジオジブリのコピーを作られた、コピーライターとして有名な方です。

 私が好きな映画である、『耳をすませば』の「好きな人ができました」もこの方が作られたのだと思うと感慨深いです。

手帳本体と三色ボールペン、食パンのちいさなお皿のセットはイメージできました。

 

すごく興味があるのは、2点です。

どのようなセールスレターが入ってくるのか?

箱も含めたデザインはどうなのか?

 

ヤマト運輸の方により、受け取りました!

残念です…

めっちゃ普通の箱…

中身は手帳とボールペン、ちいさなお皿に合わせて、入っていたものは、

社名変更のお知らせと「ドコノコ」という冊子?

 

サイトで購入した際の、アップセルもあったかな?

箱の中に、自分への売り込みを期待してました

有名なコピーライターの方の会社が、どんな言葉で売り込みをかけてくれるのか、物凄い興味がありました。

 

ダイレクト出版からコンテンツを購入しているため、普通のDMが来るとガッカリしてしまいます…笑

 

お得意様に対して何もやってないのかな?

何もせずにも、ネームバリューや使い勝手でファンになってくれるので、そのままでいいんでしょうかね。

手帳カバーのように付属品も多数製作されており、個数限定のためお客さんが群がって来る。

 

 

 

さて、手帳を開いて使い勝手を試してみようかな。

 

PS  自分もカバーが素敵なものがあったので購入したい。が可愛くて女性向けなのかな…

専門性がキャリアに傷をつける

仕事術

「自分は今までこんな仕事をしていたから、自分にはこれはできるけど、これはできない。」

 

自分のプライドとしてや専門性がある職種の方々が言うことです。

今までの専門性を持って、仕事をしていくことは、かっこいいと思います。

細かい部分の作業を突き詰めていく。

やっぱり素敵だと本当に思います。

 

これは自分へや周りへの言い訳としても使えると思いませんか?

 

総務の仕事を思い浮かべてください。

来客された方が、疑問や確認点を聞いてこられた時、

あなたはどうしますか?

「わたしは、営業じゃないからまた後で来てください。電話させますか?」

こんな対応しますか?

総務でも営業でも同じ会社の一部だと思います。

そもそも営業に問い合わせする方はお得意様ではないでしょうか?

とりあえず問い合わせに来た方の第一印象を決めるのはどこの部署でも同じです。

 

自分が仕事をしていて、

周りを見ても、

自分の担当がこれだから、これはやるけどそれはそっちでやれ。

情報をおろして、と言っても降りてこない…

彼らは専門家として自分の仕事をしているから、それで正解なのでしょうか?

 

自分の強みである専門性を伸ばすことができるのか、

逆に邪魔をしてしまうのか、

決めるのはあなた次第です。